ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 入院当日の朝は 特に指示は無かったが
下剤対策の為自主的に食事を軽めに摂取してみた。

本当は 完全に抜いておきたい所だったのだが
前夜にも下剤(プルゼニド)を服用していた為
家を出る前に決着をつけなくてはならなかった。なぜなら
入院の為交通機関(バス)で行かなくてはならなかったから。
万が一バスの中で催したら大変だからね・・・
ただでさえ H大病院が近づくと何故だかお通じがよくなるタイプ
なもので・・・。(緊張するからかしら??因果関係不明)


  前夜オータカ酵素
      ↓
画像 997
朝食 メロン・トマトジュース・コーンスープ


★持参したもの

○洗面用具
○箸 ○スプーン ○コップ(ミニ水筒)
曲がるストロー付水筒 (←術後横になったまま使用)
○バスタオル2枚(←1枚は枕に使用)
○洗面・清拭用タオル(←1枚は室内乾燥しているので濡らして必ず干しておく)
○スリッパ
○箱ティッシュ
○カーディガン(袖口の大きめのもの←点滴管が入りっぱなしになるので)
○携帯電話・充電器
○テレビイヤホン
○生理用ナプキン(術後使用)
○下着(ショーツは大き目のもの←術後看護士さんによって
   記憶が無いまま履かせて貰う+お腹がガスで膨らんでいるので)

○針金ハンガー
○のど飴・(←病室内乾燥しているので必須)
○ふりかけ (←味の無い食事が多いので必須)
○お茶Tパック

10時過ぎに入院手続きを済ませ10階婦人科病棟へ向かう。

10:40病室へ(ナースステーションの隣の観察室)
画像 998
    ●血圧・採血・検温・身長体重測定
    ○病棟内案内
11:20●下剤(マグコロール)服用
画像 999 画像 1000

  通常下剤を服用した後に 昼食となるそうだが
 今回は事前に 昼食をキャンセルしていたので
 マグコールを飲む事に集中できた。
 一口飲んで 前回の「ひまし油」より飲みやすい下剤だと思ったが、
 量が250mlと多い上 クエン酸マグネシウムの不思議な味は
 思った以上に苦戦し、12時頃やっと飲みきる。


15:20●下剤服用後の便を看護士さんにチェックしてもらいOKをもらう  
  軽い吐き気と下痢はあったものの 食事を控えていたので
  ほとんど苦労することもなかった

16:30●手術室看護士による回診
16:45●担当医による診察
   (以前ペニシリン系のバラシリンという薬で  朝青龍風に顔が
   腫れあがったことがあったので)念のためペニシリン系の薬は使用しない。
   だが、前回の手術の際は ペニシリン系の抗生剤を使用していると思われる。
   最近の治療の中でも ペニシリン系と似ている セフェム系の薬剤を
   使っているので「バラシリン」だけが合わないのかもしれない?!
 
  
 手術の時間は 朝九時前後の予定なので 家族にそれまでに来てもらう。
   服用していた アクトス・ナファレリールは指示があるまでお休み
         
17:50●入浴
 婦人科病棟内に浴室は一つで、入り口に名前と部屋番号を書いておくと
 使用し終わった方が 呼びに来てくれるシステム。
 15:30に名前を書いておいたが、この日は混みあっていた為
 2時間以上経ってやっと呼ばれる。シャワー室だと思ったら
 ユニットバスだった!!周りの皆さんは ちょうど夕食中だったので
 短い時間だったが 腰まで浸かってリラックスさせてもらった。        
 手術後はしばらく湯船に浸かれないのですごく嬉しかった~
 

18:15●麻酔科Drによる回診
 口を大きく開けられるか、首を後ろにそらせられるか等
  ・・「いいですね~!」と褒められにんまり
  人間 褒められるとなんでも嬉しいものですね。(笑)

18:20▲腹減りピークで 持参した粉末インスタント
     コーンスープを薄めて飲む
※19時以降絶飲・絶食

21:00就寝
     手術前日だというのに 全く緊張感も無く快眠。
     思えば 入院中 ぐっすり眠れたのはこの日だけだった・・・

こんな感じで 一日目は終了。

 一番恐怖だった「下剤」もあっさり終了したので、
図書館からお借りしていた本があったので楽しく読み進められた。

前回の入院の際はあまり気づかなかったけど、
大学病院なのに ものすごく細やかな対応で驚いた。
(↑なのにというのは失礼だが、勝手に持っていた
私のイメージとは違ったという意味です)

病棟の看護士もそうだが、手術室でお世話になる医師・看護士も
皆すごく笑顔が素敵で、優しい。こっちがお世話になるのに
わざわざ病室に足を運んでもらってホントすいません~
恐縮しちゃうくらいだった。
その辺のホテルよりよっぽどサービスが行き届いている感じだったな・・・
だからこそ 安心して手術に望めた・・ということなのだろう

手術当日の様子は後日へ続く
テーマ:不妊治療 - ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/930-62b3c9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。