ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前にも触れたと思うが、3年前に 体調を崩し、針治療
動物性のもの(肉・魚・卵・牛乳・・などなど) 砂糖・添加物をとらないという 
食事制限を半年ほどしておりました。
(今は すっかり普通食に戻してしまいましたが)

食べる事が大好きな私達夫婦には ものすごく辛い事で・・・
それを実践して過ごされている 針の先生が
まるで仙人のように遠い存在に見えて仕方なかった。

 それでも 砂糖・添加物を抜いていくと
次第に、少しでも砂糖や添加物が体に入ってしまうと
頭痛が起きたり、体の調子が悪くなったり・・・と
体が 反応できるようになっていった。

それだけ、今まで 体によくないはずの添加物に
慣らされていた
という気づきがあったのだが、


 買い物に行っても、野菜ゾーンしか見ることができないこと
大好きな外食にもいけないこと
大好きな菓子作りも出来ないこと
(バター・卵無しの菓子は作ったけど)
そんな生活が ストレスを溜めていく結果となったのだった。

 それからは 少しでも農薬の少ないものを・・と
野菜はらでぃっしゅぼーやから購入し、
出来るだけ 調味料はなるべく昔ながらの製法のものを・・
と、心がけている。
 先日たまたま参加した 料理教室
全く下調べがあったわけでもなかったのに
そちらの先生は 食材は出来るだけ安全なものを手に入れるために、
生産者の方と知り合いになったりできるものは自分で手作りしたり・・
という考えの方だった (札幌のラーメン屋さんに行くと
添加物を使用している店が多くて、具合が悪くなるから
行けないともおっしゃっていた・・・


 庭には 色々なハーブや作物が植えられていたり(実際は雪で見えなかったけど)
保存食が お宅の色々なところに隠されていて・・すごく勉強になった。 
その中で 心にひっかっかていた事がある。

続きは下へ
北海道の人は どうして保存食を作らないのか? 
先生が お話の中でおっしゃっていたのだが・・・
確かに・・そうかもしれない。

保存食
私もまだまだ実践できていない分野なのだが

 歩いて数分でスーパーがあるから 必要がない気がしていたが、
それが理由じゃない気がして・・・しばらく考えていた。

 私は 賞味期限が表示されていないと
食べられるかどうかを判断できないから・
・なのかもしれない。
勿論、賞味期限が切れたといって 我がでは美味しく頂くのだけど、
それでも 賞味期限があるからそれを目安に、頼っているところがある
と思うのだ。

保存食をつくったら、いつまでが賞味期限なのか?
それを判断するのは 自分の五感・・。

 食べられるか・食べられないかの判断もできないなんて
動物としては致命的だよな


 安全なものを食べたいなら→手作り
手作りするなら 自分の目で鼻で判断できるように
なりたいものだと思う。

北海道は気候も保存食に向いているはずだし、
できるものは 旬の時に閉じ込めて保存する術を
身につけていきたいと思うこのころなのであった。(できるかな~?!)

コメント
納得
私も以前の職場でいやというほどその手のことを勉強したおぼえがありますi-229
そのときはやらされてる感があって嫌だったんですけどねi-201
安部司さんの本に驚いて調味料を全部買い換えたりしたこともありました~i-183
自然に生きるのも大切なことだというのもわかるけど、現代に生きる私達には難しいですよねe-443
完璧を求めず、できることから少しずつ取り入れるということが無理をしないでシフトチェンジする方法なのかもしれませんね
2010/01/13(水) 22:20:48 | URL | ☆みらい☆ #- [ 編集 ]
☆みらい☆さんへ
 ☆みらい☆さんも色々勉強されていたんですね~!!
職場で勉強しなければならない環境って・・・どんなお仕事
されていたんだろ~(興味津々ですe-451

安部司さんの本・・私もだいぶ前に読みました。
でも、読んでいたら『じゃぁ~何を食べりゃいいのさぁ~!!!』>
と、半ばあきらめ気味になった記憶がありますね。
 でも、実際自分で 添加物とか抜いていったら
入って来た時にすごく体が反応(悪い反応)するので
やっぱり悪影響があるんでしょうね

しか~し、現代に生きる私達にはホント難しいですよね
そんな事を言っていたら、外食なんて出来ないし・・
旅行も出来ませんもんね。

> 完璧を求めず、できることから少しずつ取り入れるということが
無理をしないでシフトチェンジする方法なのかもしれませんね
   ・・・そうですね!!!出来る範囲で無理なく!が大事ですね。
2010/01/14(木) 09:40:16 | URL | siro #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/571-9b8223dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。