ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まずは この~木 何の木 気になる木~♪前編のおさらいを・・
(★お時間ある方は前編記事を・・・★) 

今年の春、去年から越冬させた『蒟蒻芋』を 
実家の畑に植えてもらっておりました。


その時植えた親芋は (たぶん)3年生の芋だったので
今秋収穫したら・・・親芋は4年生に成長
さらに 生子という蒟蒻芋の赤ちゃん芋が出来ているはず!!
                ↓↓         
この生子は翌春に(1年生)再植付けし、秋に収穫すると2年生
さらに次の春に植えて秋に収穫したものが3年生に・・


詳しくは・・(★日本こんにゃく協会ホームページへ★)

 今日は その収穫の日でしたスコップ
義父の運転で 私の実家にやってまいりました~
(お父さんありがと~う

天気も良く収穫日和ですっ

父上二人!力を併せて掘り起こします
画像 2094

  「優しくね~!!」            『手で掘ってみますね~』画像 2095

掘り起こし成功!! 生子(きご)も発見!
画像 2096

上の茎を引き抜くと・・・・
芽がにょっきり
画像 2097
続きは下へ↓
無事3個収穫ですっ
画像 2101

画像 2100

4年生3個と 生子たくさんっ!!
画像 2103

 親芋も1.5倍位成長したが、3個あるので
一番大きく育った1個を 今回蒟蒻として頂き・・・グヒヒ
あとの2個は また越冬させて来年 1年生と共に植える事に決定!

 今年も 無事お手製のこんにゃく造りが楽しめそうですっ
(★去年の手造りこんにゃくの様子はコチラ★) 
 実は 今年はすでに手造りこんにゃくを頂いていたのだが・・・・
昨晩ちょっと大変な事態となってしまいました・・・・・・・。

 今回のこんにゃくに 3センチ位の蒟蒻芋のかたまりが
こんにゃくの中にそのまま入っておりました。
私はじゃが芋サラダでも 芋がそのままごろりと入っているのが
好きだし、一つの食べ物に色んな食感があるのが大好きだ。

だから こんにゃくの中に二つの食感が楽しめるのも
ラッキーだな~なんて ウキウキしたのだった。

だが・・・芋の部分を食べた瞬間 ビリビリッときたぁ~!

へっ????

 気づいた時には 舌から喉・・食道の入り口まで
ピリピリ ちくちくし始め・・・赤くただれたのだった・・・

慌ててネットで 蒟蒻芋について調べてみたのだが・・ 

「蒟蒻芋」には、シュウ酸が多く含まれていて、
これらを中和して取り除くため、すりおろしたもの(今では薄く切って乾燥させ、
細かい粉にする)に、消石灰(水酸化カルシウム)や炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)を
使用して食べます。これが私たちが食する「こんにゃく」です。
(中和しないまま)蒟蒻芋をゆでて食べたら、即、病院行きでしょうね。

とあった。さらに 私のパート先の病院の先生に聞いてみたら・・・
もともと蒟蒻芋は 「毒芋」といわれる位 毒性のあるもので
(トリカブトと同じような毒性があるとか・・・!?)
それを中和させないと 食べられないのだと教えていただいた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 話は昨晩に戻って、結局牛乳を飲んだり、中和されないかな~と
でうがいしたり、そのまま飲んだり・・・色々試してみた。
結局赤みは治まらず・・・あきらめて 早めに就寝したのだが布団
今朝起きると 治っていて・・・ほっとしたのだった。
※ふくらし粉が良いとの情報も見つけました(よし、覚えておこう)
 
近々 こんにゃく造りをする際には 食感の事はあきらめて
しっかりミキサーにかけようと思う。

 しかし、こんな毒芋を 食べられる『こんにゃく』に造り上げた
昔の方々は 大変な苦労をされたのだろうな~と思うと
改めて 「こんにゃく」への思いも深まるのだった。

 今年のこんにゃく造りも 頑張るぞ~!!
そして・・・大事に蒟蒻芋を育ててくれた 
お父さん、お母さん、 ありがとうね~!
(来年もよろしく~!!!)
テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用
コメント

わっ、大変だったんですね!
トリカブトって怖いよ~><
siroさん無事治ってよかったですよ。ほんとに!
しかし私も今回のことは勉強になりましたよ。
siroさんに身をもって教えてもらった感が・・・

ここまで苦労するからこそ
味わい深い、美味しいってのもありますね。
みんなで育てて、掘って、刷って・・・
物凄くいい経験です!
2009/10/25(日) 19:53:00 | URL | reachia #- [ 編集 ]
reachiaさんへ
> わっ、大変だったんですね!
  ・・・そうなんですよ~最初全くわからなかったので、
  このまま喉が腫れて 息できなくなったら・・どうしよー!!!
  って かなり慌てましたe-282
    でも、お陰さまで翌朝には すっきり治っていてほっとしました

  勿論。皆様に蒟蒻の事を勉強してもらおうと 身をもって
 証明してやりましたっe-440(な~んつって~)

 でも、昔の方は こんな程度の失敗じゃなかったと思うんです・・
たぶん毒性の強い 生のままでも いったでしょうしね。
何でも 当たり前にただ食べるだけじゃなくて、
知ることは 改めて感謝につながる気がしますね。
機会があったら、「こんにゃく造り」も楽しいので 
体験してみる事をお勧めしま~すe-284

2009/10/27(火) 09:41:48 | URL | siro #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/521-cf8d9981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。