ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日も良いお天気でしたね~
夕方 実家に用事で行ったのだが、庭の見えるダイニングにて
お茶を啜っていると・・・
母が 『そうそうっ!あれ見てごらん』 と、庭を指差した。
 
???????????????????????????
『ほらっ あれだよ~
画像 1560

・・・・・何この植物っ!!うど??
『違う違うっ あんたに前にもらったやつ』
・・・・・なんでしょ~??見たこと無いよ

ちなみに・・葉っぱはこんな立派です
画像 1561

この植物の正体は・・・・

去年の冬に 頂いた『●●芋』を そのまま調理して食べるのではなく
増やして楽しもうっ!!と春を待って 畑に植えてもらったの芋だった。

 その芋とは・・・・

こんにゃく~!!!蒟蒻芋でしたぁ
★蒟蒻栽培の解りやすいページがあったので 興味のある方はどうぞ★

 こんにゃく芋(いも)は、ジャガイモと同じように種芋から増やしますが、
ジャガイモと違って2~3年必要です。

まず、春に種いもを植えると新しいいもができ、そこから地下茎が伸び、
秋には生子(木子:きご)というこんにゃく芋(いも)の赤ちゃんができます。
この生子を収穫・貯蔵し、次の春に植え付け(1年生: 約15g)、
秋に収穫したものを2年生(約100g)、さらに次の春に2年生を植え付け、
秋に収穫したものを3年生(約600g)、次の春に3年生を植え付け、
秋に収穫したものを4年生(約2~3kg)と言います。

生子(1年生)~2年生では5~10倍に、2年生~3年生では5~8倍に、
3年生~4年生では4~7倍に成長します。
通常は3年生または4年生のいもを秋に出荷します。
   ・・・★の蒟蒻芋栽培のページより抜粋



今年の秋に収穫したものが・・・1年生で・・
さらにその1年生を春に植えて 秋に収穫したものが・・・2年生・・(ふむふむ)
さらにその2年生を春に植えて 秋に収穫したものが・・・3年生・・(おお~)
さらに・・・・・続くわけだねぇ
(こんにゃく作りの芋には 3年生・4年生のものがなるのだから)

要は、こんにゃく作りの芋に成長するまで・・あと2年以上はかかる様です

こんにゃくができるまでって・・・
本当に長い道のりなんですね~。

ただでさえ 芋からこんにゃくを作る過程も大変なのに・・・
(★ちなみに 手造りこんにゃく体験の様子はコチラから★)

 最初に こんにゃくを作った人ってすごいな~
どうか (2・3年後の冬頃?)こんにゃくがたらふく食べられますように~

父ちゃん・母ちゃん・・大事に栽培してねぇ~
(人任せ・・・)←苦笑ティヒヒ
コメント

知らなかった!
コンニャクってそんなに長い時間が必要だったんだ~。
でもそんな風にゆっくりゆったりと育てるご両親って
ステキです!
2009/08/09(日) 11:08:24 | URL | reachia #- [ 編集 ]
reachiaさんへ
> コンニャクってそんなに長い時間が必要だったんだ~。
 ・・・そうなんですよね~ 私もしりませんでした!!
 簡単にできるものだと思って 気軽に親にお願いしたのですが、
こないだ実家に行ったときに 詳しく調べてみたらびっくり!

> でもそんな風にゆっくりゆったりと育てるご両親って ステキです!
  ・・ですよねっ(笑)
  『父さん・母さんっ!!ステキだって~!!よろしくね~!!』  ↑
    ↑
   無理強い?えへへ
  
2009/08/12(水) 13:18:03 | URL | siro #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/468-f7517ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。