ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

 先月の農産物の講習は『絹さや』
 

食べる機会は多いものの、今まで絹さやに注目したことはなかったし、
お値段と量のバランスで・・・自分で買うことは今まであったかしら???
という存在でした。スナック菓子の「さやえんどう」の方が我が家では馴染みがある位で

 でも、絹さやは栄養価の高い野菜だったのですね~
(緑黄色野菜でタンパク質・ビタミンC・食物繊維・カロテン・リジンなど)

そして、お値段が高いのも産地を訪れて初めて分かることばかりだったのでした。


これは絹さやの種「電光30日」
DSCF5760.jpg
     ↑                            ↑
鳥に食べられないように 加工してあるそうです。  こっちは加工前


運動場のラインひきのような機械に種をセットして
DSCF5758.jpg

コロコロ進むと 二粒ずつ種が落ちるようになっていました
DSCF5761.jpg
畑ではちゃんと二粒ずつみたいでしたが
 ・・・アスファルトだとうまくいかなかったバージョン(よ~くみるとバラバラ落ちてます↑)

DSCF5762.jpg

さっそく畑に移動して お話を伺います。
DSCF5764.jpg
絹さやも連作を嫌う農産物で、一度植えた畑は5~7年は使えないそうです。

成長に合わせて支えるための紐を横に張っていく・・・
ここではだいたい6カ所位紐が張られて支えられていました。


絹さやの花
DSCF5767.jpg

可愛い花ですね
DSCF5768.jpg

絹さや発見!!
DSCF5772.jpg
選果基準は5~10センチのものが秀品
       10~13センチLサイズ
      豆が綺麗に入っていて、大きくなりすぎるとNG!
      傷があっても、ガクが枯れてもNG!
 
 やっぱり食材としては
彩担当だから 美しさが求められるのですね!
  これだけ選別していくとなると、値段が吊り上がっていくのも納得。
  なかなか厳しいんですね~


重曹を使って3日に一度、うどんこ病などの防除作業をされているそうです
三日に一度とは・・・手間がかかる仕事ですね
DSCF5776.jpg


収穫の仕方を教えていただき収穫体験をさせて頂きました。
DSCF5777.jpg

いざっ収穫!!
DSCF5778.jpg
最初は 緑の葉っぱの陰に隠れる絹さやを見つけるのが困難でしたが、
だんだん絹さや目になって見つけられるように~♪

袋いっぱい収穫した絹さやはお土産に頂いてきました。
私は選果なんてしませんでした('ω') いっぱい食べたいもんね~~~♪
(ちなみに、こちらの畑は訪れた前日で売り物の収穫作業を終えていて、
奥から撤去作業をしていたので遠慮なく頂けたのでした)


下の方から順番に花が咲き 実がなっていくのですが、
採り残しがあると上の方の実が育たなくなるんだそうです。

夏の暑い盛りに 休み無しで採り残しのないよう手作業で
収穫をするのは、人手の確保がなかなか大変なんだそうです。

壁のように並んだ絹さやで 畑には風がなかなか通らず・・・暑いんですって・・。

うう~ん納得。
DSCF5779.jpg
ビニール袋いっぱいにお土産を頂き、ホクホクと絹さや畑を後にしました。


JAの選果場の見学もさせて頂きました。

絹さや
の選別作業
DSCF5733.jpg

ベルトコンベアーに見やすいように広げて
DSCF5732.jpg

どんどん流れていきます
DSCF5729_201510280924502e6.jpg

一番右は ヒョウの影響で白い斑点ができてハネ品・・らしいです
DSCF5731.jpg

大きさ、ほどよい豆の入り具合、絹のようなしなやかさがあるものが秀品だそうで・・・
素人には正直よくわからない

サイズごとに1kgずつ発砲スチロールケースに詰めて出荷です
DSCF5735.jpg


次はミニトマトの選果作業
DSCF5736.jpg

こちらはベルトコンベアーで 機械が大きさごとに分けてくれるようでした
DSCF5737.jpg

ミニトマト、綺麗!!
DSCF5738.jpg

割れがないか、傷がないか
ここでも人の目によって選果されていました

DSCF5742.jpg

ぐんぐん進んでいって
DSCF5739.jpg


小さいものから下に落ちていくシステム
DSCF5740.jpg

たまってきたら段ボールにザザーっと
DSCF5744.jpg


ブロッコリーコーナーも
DSCF5745.jpg


こちらでは人参の選果
DSCF5746.jpg

沢山の人の手によって作業されているんですね
DSCF5748.jpg
どんくさい私が入ったら・・・アワアワしちゃいそう・・・

DSCF5750.jpg

小さいサイズの人参は 肥料用に細かく裁断されていました。
DSCF5751.jpg


こちらは大根
DSCF5752.jpg

DSCF5754.jpg

一本一本コンベアーにのせていき、洗浄、消毒・・・!?
DSCF5757.jpg

選果されて箱詰め
DSCF5749.jpg



お店に入ってくる前の野菜の流れが見るのは初めて!!
すごく興味深く ワクワクしました。

が、一つだけショッキングな事がありました。
それは 大根の洗浄作業部分で疑問に思った『湯気』でした。

大根を洗う水の排水が流れる床から立ち昇る蒸気・・・
葉っぱがあるのに お湯を使う‥‥はずはないし何だろう・・と
職員の方に聞いてみた所 「塩素で殺菌消毒をしているから」
との返答だったのでした。 勿論人体に影響のない程度の
「水道水を濃くしたくらいの塩素」だとは思うのです・・・

でも進んで口に入れたくはないと思ってしまったのでした。

店頭に並ぶ真っ白な大根

綺麗に洗って美しく見せる為に、消費者の洗う手間を省く為に、
している事だと私は信じて疑わなかったのです。
見えない所でどんな工程を経ているのか
・・・裏側を見せてもらう事は大切だと感じました。

この消毒の工程は 人参も最後に施されているそうです。
消費者まで良い状態で流通するには「腐りずらい」のは必須ですものね。

土付きの安心野菜・・・やっぱり自分で作るのが一番なのでしょうが、
それができないなら、少々高くても信頼できる農家さんから
分けてもらいたいなと思いました。


この後選果場の隣の敷地にある「試験ほ場」も見学させていただき
たっぷりお土産を頂いてにんまり(*´ω`)┛
DSCF5795.jpg
(4種類の大根を自分で収穫して頂きました♪土付き♪)

JAのお店で売られている「野菜ソフト」の試食も頂いてこの日の講座は終了!


とうもろこしのソフト!ほんのりコーン味が上品で美味しかった~♪
DSCF5801.jpg
色んな意味で盛りだくさん過ぎてお腹いっぱいな一日、
・・・色々考えさせられました
コメント

大根の真実・・・衝撃的!
前に『大根の皮は厚くむいた方がいい』って言われた事があるんだけど、そういう理由だったんだね。

皮に近い所に栄養が詰まってると聞いたり
皮までムダにしないなんて言うけど
綺麗なお野菜さんたちの皮は潔くさようならした方が家族のためなんだね。
2015/11/04(水) 19:53:39 | URL | コータハハ #- [ 編集 ]
★コータハハさんへ
お返事・・ たいっへん遅くなりましたぁ~~~!!ごめんね。


> 大根の真実・・・衝撃的!
  ・・・綺麗に洗われている野菜達には隠された秘密の工程があったのね・・
   私もあまりの衝撃に 頭がぼーっとしちゃったよ。

    以前らでっぃっしゅぼーやの安全野菜を皮ごと食べていた頃
   たまたま当ったお料理教室で 人参の「皮を剥かず」そのまま切り始めたら
   同じ班だった人が「あの人皮も剥かないでやってるって注意してください!」って
   係りの人経由で注意され、「一物全体」って言葉知らないのかしら~って
   勿体ないなぁ~と思いながら渋々皮を剥いたことがあったのだけど・・・。
   もしかしたらあの注意した人はこの「秘密」を知っていたのかもしれない!?
   無知だったなと反省だよ。

   お値段にはそれぞれに理由があるのだと、ただ安いものに飛びつく事は
   できないなと思ったよ~。(ワゴンセール大好きだけどねe-247)   
2015/11/17(火) 08:50:38 | URL | siro #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/1153-4a130367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック