ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

 これ、砂糖大根
201401040930_20140128174204ed6.jpg

甜菜糖の元のお姿ですね?!
201401031638_2014012817420269a.jpg
※携帯で撮ってもらったので画像が荒くてスミマセン

先月実家の父がお友達から譲ってもらったものを
一本分けてもらったのです~♪


・・・ですが、使い方がイマイチよくわからなかった。

 前に一度地元のテレビで 子供たちが砂糖大根から
砂糖を作る工程を放映されていたのを見たことはあったのだが、
(★あぐり王国北海道のページはコチラカラ★)
※2011.11.19日放送分にてん菜のことが書かれています
なかなか大変そうな作業だった。

砂糖以外のレシピを探そうとネットで検索してみたのだが・・・

「砂糖大根」「レシピ」とキーワードを入れて検索すると
材料に大根、と砂糖、を使ったものはあるが
砂糖大根を使ったのレシピは皆無だった。


砂糖大根自体が流通していないのだから
当然ですよね。


まぁ 「砂糖大根」って言う位だから大根と同じ感じだろ~
とカレーライスに入れてみたら 辛口のカレーライスが
「カレーの王子様」風の激甘味に仕上がり大不評

しかも、他の具材がいい感じに溶けてゆくのに対し、
砂糖大根だけはいつまでたっても形を留めているから
味も形も主張しまくりなのだった・・。




そんなわけで、砂糖を作ってみることにしましたよ~

DSCF2519.jpg
1.5kgの砂糖大根を綺麗に洗い、皮を剥いて角切りにして
DSCF2520.jpg

70~80℃位の湯でストーブ調理をすることにしました。
じっくり成分を抽出していきますよ~~

DSCF2521.jpg

最初、灰汁をきれいに取っていましたが
そのすくった灰汁を舐めてみたら甘くて美味しかったので
途中からは灰汁鳥取り作業は止めちゃいました。
DSCF2523.jpg

情報では 1時間ほど煮たら濾して煮詰めていくとありましたが、
まだまだ砂糖大根から成分が引き出せそうだな・・・と

DSCF2524.jpg

ブレンダーを使用して さらに細かくしてから
ストーブ調理を続行しました
DSCF2525.jpg

実家からお借りした巨大なコーヒーネルをざるにあてて
濾しました。
DSCF2528.jpg
濾したダイコンを食べてみるとまだまだ甘く・・・
成分をもう少し取り出せそうだったので


もう一度抽出
DSCF2530.jpg

コーヒーネルで濾したら
DSCF2534.jpg

液体を煮詰めていきます。ごぼうのような香りが漂っていましたよ
DSCF2529.jpg
液体は黒豆の煮汁のように真っ黒でした。

~数時間経過~

ここまで来ました~

DSCF2532.jpg
甜菜蜜完成♪

1.5kgの砂糖大根から取れた蜜はこの小さな瓶一本だけでした。
DSCF2535.jpg
お砂糖の状態にするにはさらに煮詰めなくてはならないのだけど、
使いやすいように蜜状態でストップ!というよりもうギブアップです(笑)

お味は自然な甘みとコク、若干苦味もありますが
なかなか味わい深いものがあります。
水飴の代わりにお菓子に使うもよし、煮物に使うもよし、
大事に使ってみたいと思います。


自家製甜菜蜜への道のりはなかなか長いものでした。
(放置して煮ている時間も入れると10時間弱かかりました)

DSCF2533.jpg
いつも使っている甜菜糖、私の中では作る前よりずっとずっと
ありがたみが増しました。こんなサラサラに使いやすくしてくれて
ほんっと助かりますよね~ ありがとう。


お世話になっているパン屋さんに 今回の砂糖大根のことを
相談したら、千枚漬けにしたら絶対美味しいよ~♪と
意見を頂いていたので 薄く切って醤油・酢・鷹の爪と漬けてみました。
DSCF2536.jpg
確かにナイスな使い道ですね

もう少し漬けたら食べてみま~す♪
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/1088-b46146f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック