ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 少し時間が経ってしまいましたが、我が家の夏休みプチ旅行の
様子をアップします。

現在、函館と自宅の行き来で移動の多い生活をしているのですが、
函館~自宅間の約300kmをほぼ休みなく移動していたので
たまには移動の途中でゆっくりしようと思い立ったのでした。

お世話になったのは蘭越町にあるペンション・風みどり

画像 3391
思い立ったのが遅く、いつもお世話になっているアダージョさんが満室でした。
お料理が美味しく、温泉付きと雑誌で紹介されていたので
楽しみにやってきたのでした。

画像 3390

こちらは看板犬のコーギーさん。
画像 3385
いつも犬に好かれる旦那殿ですが、こちらの看板犬には
あまり好いてもらえなかった。帰るまで私達とは距離を常におかれてました(涙
漫画の本もお借りできます
画像 3389

さぁお楽しみの夕食です
こちらのペンションはフレンチのコースメニューがいただけるのですよ~

前菜(燻製かぼちゃのキッシュ)
画像 3377
自家製の燻製かぼちゃが使われていたようなのですが、
燻し具合といい、味付けといい、キッシュで組み立てると絶妙な味わい♪


スープ(甘エビのスープ)
画像 3380
一口含んだ瞬間、この宿に来てよかった~ヾ(*´∀`*)ノと
幸せな気持ちになる一品でした。

甘エビの濃厚な出汁がたまりませ~~~~ん!


画像 3381
えっと、エビとホタテと魚だったのですが、なんの魚だったか
時間が経ちすぎて忘れてしまいました。でもこのソースが美味しくて
魚介も大変美味しく頂いたことは確かなのです・・・。


画像 3383
牛ヒレをボイルした一品&野菜のバーニャカウダ風

肉を・・ボイル???
あまり口にすることのない調理法でしたが、
火の通りが絶妙で柔らかく、これまた最高でした。

デザート
画像 3384
ふわふわシフォンとコーヒーで締まりました。

ペンションでこんなに美味しいご馳走がいただけるなんて、
最高でした。コスパが素晴らしい!!!!!!


しかも、お風呂は空いていれば貸切にできます。
画像 3386
とある情報で、こちらのお風呂は
塩素消毒アリで源泉温度が35.8℃と低温なため加温+加水循環消毒
とのことだったのですが、塩素臭はあまり感じませんでしたし
じんわり温まる湯だったので満足です。
(なんたって美味しいご馳走がセットなのですから!)


朝食
画像 3387
ご飯がガスで炊いたようなアッツアツの美味しさで
それだけでご馳走でした。

思いがけず、素敵な宿を見つけちゃいました。
またお料理を堪能しに足を運ぶことになるでしょうヾ(*´∀`*)ノ


宿をチェックアウトした後は雪秩父の大湯沼を散策し、
画像 3435

冬は通行止めになって行けない五色温泉に浸かってきました。
小学生以来の訪問でした。かつては混浴で(外から丸見えの)
開放感満点のロケーションだったと記憶していますが、
だいぶ様変わりしたようですね。建物も新しくなり
露天からの景色もだいぶ変わってしまい、私的にはちょっと残念・・。

ランチは「エフエフ」さんへ
画像 3437

実はこの翌日から旦那殿と別行動(函館・自宅)をとることになっていたので
旦那殿とはJRの駅で解散したのですが、ここでトラブルが発生しました。

旦那殿は車で函館へ向かい、私は倶知安駅からJRで自宅へと出発!
JRが発車してから、ふとあることに気がついたのでした。

いつも旦那殿が家の鍵を持ち歩いていないという事に・・・

慌ててメールを打ったのですが、運転中だった旦那殿からの返信が無く
返事が来たのがこの駅の手前でした
画像 3393
然別駅

しかりべつえき??どこ~?

旦那殿から「(鍵持って)無いね」のメールを受けとり、飛び降りた私・・・

JRを下車しながら旦那殿に電話をかけ、Uターンして鍵を渡しに
行く旨を早口で伝えると「途中下車しなくても大丈夫だよ」と。

その言葉は電車の扉が閉まるのと同時でした。

待って~!もう一回乗りますから~!と目で訴えるも
無情にも走り去っていくJR。(置いてかないで~)

JRを見送り駅を見ると、そこは無人駅でした。

画像 3401

この日は暑~い夏日。

待合室はあるものの、ちょうど風向きが悪く風が通らず
サウナ状態。

しかも冷たい飲み物でも買おうかとあたりを見渡すと
自販機はおろか、近隣にも店らしいものは見当たらない。

画像 3394

それでもって次のJRの時間でも調べようかと時刻表を見ると・・・

じぇじぇじぇっΣ(゚д゚lll)
画像 3397
乗ってきたのが14:47分だったので、
次の電車は70分後で~す


待合室はサウナなので、建物の影の日陰に移動して読書しようかと
立ち読みを始めたのですが、巨大な蛾が飛び交う中では集中できず
諦めました。しかも、携帯電話は旦那殿数十秒の会話で充電切れ。

まぁ 写真でも撮りましょうか

画像 3396

鏡をズームして撮影
画像 3400

反対方面へ行くワンマン電車を一台見送り・・

画像 3378

行っちゃった~

画像 3379

再び、駅貸切(笑) 

画像 3398

ここで、冷静になった私は自分が鍵を持っていないことに気づく。
鍵はニセコに来る前に立ち寄った 実家に置いてきた・・・

あらら~鍵を持っていないんじゃ最初から途中下車する意味無かった?

まぁ こんな機会がなければ然別駅に降り立つ事も無かったし、
蝉の大合唱を聴きながら駅貸切という思い出もできなかったでしょう。

旦那殿はこの日会社の先輩のお宅にお世話になり、
翌日に間に合うように 実家にいた姉に鍵を速達で送ってもらったのでした。

こんな抜け作な我が夫婦ですが、周りの皆さんのお陰で
なんとかやっとります。
意味の無い途中下車、でもこれもまた良い夏の思い出ですな。

これからも皆さんお世話になりま~す
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/1074-79401625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。