ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

 今日はお日様が出て 夜のうちに降った雪がキラキラ美しく見えます。
ドカッと降りさえしなければ美しいと思えるんだけどねぇ~

昨日 無事に採卵を終えてきました。麻酔が効きすぎて処置中
グワングワンと目が回り、おっそろしく気持ちが悪いひと時を
過ごしてきました 今日は2週間ぶりに通院から解放され
のんびり過ごさせてもらおうと思っています。
詳しい様子はそのうちアップすることにして、気分転換に旅行の様子を・・


カンボジア遺跡巡りの続きです
ベンメリア遺跡鑑賞の後は ツアーに付いていたお弁当ランチを頂き
バンテアイ・スレイ遺跡へやってきました。

アンコールワットから北へ20kmの位置にあり、人気の遺跡だと
聞いていたので混雑する事を覚悟しておりましたが
私たちが訪れたお昼前後の時間帯は空いていました。
画像 2342
アンコール期前半(990年頃)に建てられた古い寺院だが
保存状態がよく、美しいレリーフがたくさん詰まっています。
画像 2345
さぁ中へ入っていきましょう
画像 2346
と、門をくぐる前に門のサイドを鑑賞
画像 2348
細部まで彫刻が施されていましたよ~

どこもかしこも美しい
画像 2353
クローズアップ↓
ヴィシュヌ神の化身ナラシンハが阿修羅王を組み伏し殺そうとしている図
画像 2354

綺麗な色のトカゲが顔を出しました
画像 2363

参道を歩いて・・中の方へ進みますよ~
画像 2877

コンパクトな遺跡でしたが、ぎゅぎゅぎゅ~~~っっと見所が詰まっています!!
画像 2364

引きで見ると まだわかりませんね。
画像 2365

門を撮影中
画像 2380

レリーフクローズアップ↓
カーラの上に座るヴィシュヌ神
画像 2883

ヴィシュヌ神の妻ラクシュミーに象が聖水を降り注いでいる図
画像 2375

この位置から 有名な東洋のモナリザが鑑賞できる
画像 2398

東洋のモナリザ・・だと思って撮影したもの
画像 2400
実際はとなりのデバタ-像だったみたい・・・

他にも美しいデバター像がたぶん6体・・。
画像 2408
フランス人作家・アンドレマルローは祠堂の壁面に施された
デバター像に魅せられ、盗掘して逮捕されるという事件があった。

後にこの事件を元に『王道』というノンフィクション小説を著した事で有名な
いわくつきの彫刻なのだとか。現在は遺跡保護のためロープが貼られ
立ち入りが禁じられていた為、カメラのズーム機能を使ってなんとか
見ることが出来た。


一体だけ男性の像も
画像 2409

画像 2410

画像 2895

右端真ん中をクローズアップ↓

画像 2898

さらにアップ↓
画像 2421

画像 2419

画像 2386
ナーガのレリーフも細かいですね~
画像 2387

美術館を見終えたような充実感。
画像 2902
硬質な赤色砂岩はどこから運ばれてきたのかは明らかにされていないそう
これだけの硬い素材を削ってレリーフをつくる訳だから、職人さんも
骨が折れる作業だったでしょうね。すごいなぁ
画像 2338
10世紀後半に建設されたバンテアイ・スレイ、建設当時とほぼ変わらない
繊細な彫刻が 21世紀の現在楽しめるとは驚きですね~。

一月中旬の比較的涼しい季節でしたが(気温30度ちょっとだったかな?)
強い日差しが思った以上に体力を奪い、ベンメリア→バンテアイ・スレイ鑑賞で
結構ぐったり。2時過ぎにホテルに送ってもらいツアーは終了したのですが
なかなか良い選択だったようです。
(当日はホテルで1時間ほど休憩してアンコールワットのサンセット鑑賞へ向かいました)

次はカンボジアの小学校・水上生活の様子をアップします

        ★関連記事は下のカテゴリーからどうぞ↓
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://la80black.blog32.fc2.com/tb.php/1035-517adc60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック