ほっこり道産子ライフ

食べること大好き!な我が家の 日常の小さな出来事を綴っていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふと、下書きボックスにまだアップしていなかった記事を
発見しました。半年前のカンボジア旅行の食事編、
まだ完結していなかったのでした・・・。(←遅すぎ??)

正直もういいかな~とも思ったのですが、
自己満足のために完結させちゃおうと思います。

カンボジアには気軽にマッサージを受けるお店や屋台が
たくさんありました。この時はドクターフィッシュの水槽をお店の前において
マッサージと両方受けられる事ができたので、水槽でドクターフィッシュに
角質を食べて頂いた後、店内で足マッサージを受けてみることにしました。
画像 2833
ぶらりと立ち寄ったお店でしたが、60分-5$で
すっかり足を軽くしてもらっちゃいました。
画像 2832

ただ、ちょっと驚いたのがマッサージをしてくださる方が
マッサージしながら、スタッフ同士でずっとおしゃべりをしていたこと。

日本では考えられないことですが、その楽しそうな様子が
なんだかちょっと羨ましかったりもしました。
(内心、しっかり仕事してくれよ~!!と
全く思わなかった訳では無いのですがね。)

それは このお店以外でも感じたことだったのですが、
カンボジアの人達は 仕事をしながらもみんな仲良しで
笑い声が絶えず、楽しんでいるな~と。お国柄ですね。
カンボジアではこちらの足裏マッサージを含め
三店でマッサージを受けてきましたが
施術料はどこも破格で、タオルはどこもガサガサだったけど
マッサージの技術はピカイチでした。
中でもBODY.TUNEというお店は今まで受けたどの国の施術より素晴らしく
かなり気に入りました(^^)v
(トラディショナルタイマッサージ+オイルトリートメント120分32ドル←当時2880円)

さてさて、タイトルのカンボジアの食事で一番美味しかったお店を紹介します。
Ly Ly
画像 2844
こちらのお店は 観光客目当てのお店というよりは
現地の方で賑わっているお店でした。
続きを読む
スポンサーサイト
カンボジア三日目のフリータイム
ホテルからすぐのカフェへでお茶を頂きにきました。
 
画像 2805

冷たいレモングラスのお茶を注文したらポットで提供されました。
画像 2803
お茶がでたら氷の入ったグラスに注ぐので 量もたっぷり・・・
おなかたっぷたぷになりました(苦笑)
画像 2806

そのあとオールドマーケットや 街をぶらぶらしていたら 
店先でドクターフィッシュを体験できるスポットが何箇所かありました。

1時間3$(ドリンク付き)とか
30分2$(ドリンク付き)の場所もありましたが
15分1$(ドリンク付き)のこちらのお店で体験してみることに~

画像 2810
ドリンクは アンコールビールとコーラから選べたので一本ずつ
画像 2812
日本で体験したドクターフィッシュより かなり大きな魚デシタ
結構ガツガツかじられました(笑)
画像 2809
ガツガツ角質を食べてもらえたので 終わると足裏が柔らかくなりました。
足もすっきりしたところで ランチできる場所を探しに出発!
続きを読む
 1月のカンボジア旅行の続きです(←まだ終わんないのかよっって感じですね)
 
まずは 宿泊していたホテルの朝食から~~
2日目の朝頂いたのはこちら
画像 1850
実はこの日は アンコールワットの朝日を見に行き、
参加者はそれぞれのホテルで朝食休憩をとってから
再度専用車がピックアップしに来てくれることになっていた。

私たちのホテルは アンコールワットから一番遠くに位置したため
最後に下ろされて、ピックアップ時間も最初になってしまい
朝食休憩は30分しかなかった。最初に下ろされた方は1時間位はあったのにね・・。

そんな限られた時間の中でしたが・・
カンボジア初のビュッフェの食事にテンション上がって
とりすぎちゃったのでした~~~勿論完食?
でもどれも美味しかったよ

三日目の朝のビュッフェ
画像 2496
全体的に野菜が多めで カンボジアにいるときはお腹も快調でした~
画像 2555
続きを読む
 一昨日のお料理教室は行けなかったので、カンボジアでのお料理教室を
振り返ってみたいと思いマ~ス♪

オールドマーケットを見学した後は
最初に来たお店の二階のキッチンスペースに移動してきました。
画像 2616
料理はワクワクでしたが、他の参加者の方は フィリピンから来られた女の子、
カナダからのご家族4名、みなさん英語ペラペラなので・・・
ついていけるかちょっとドキドキでした。
続きを読む
カンボジア旅行の続きです

カンボジア最終日(1/18)は 簡単!カンボジア料理教室
        クッキングクラス
に参加しました。


やっぱりその土地の台所事情は気になるところ。
どんな食材を使って、どんな調理方法をするのか、
興味津津でした((o(*゚▽゚*)o))

このクッキングクラスは現地でも申込可能だったようですが、
私は日本から スケッチトラベルで申し込んでおりました。

当日は日本語を話せるカンボジア人のガイドさんが迎えに来てくれる
とのことだったので、勝手にその方のお宅で教えてくださるのかな
と思っていた。
・・・・が、そのガイドさんは会場まで送ってくれたら
「終わったら迎えに来ます」と帰ってしまい 思いっきり
インターナショナルなクラスがスタートしたのでした。

会場となったのは こちらのお店
画像 2690

まず メニューから作りたいものを二つチョイス

画像 2574
選んだら 市場見学に出発~
(その間に 参加者それぞれの材料を準備してくれるシステム)
画像 2769
続きを読む
 久々にカンボジア旅行の続きを・・・

 今回申し込んだツアーには カンボジアの生活を垣間見る事ができる
一味違ったプランが付いていました。
カンボジアの中央に位置する トレンサップ湖のクルーズ
その途中にある 現地の小学校へ立ち寄るというもの。

この日(1/16)は 昼過ぎにツアーがスタート

船の上にある小学校へやってきました
画像 2107
一見わかりづらいですが、川の上に建物が浮いている状態で
雨季になると↑川の水が階段も沈んでしまう位上がってくるので
自動的に学校も移動するようになっています。(船だからね)
画像 2148
不思議ですね~
続きを読む
 今日はお日様が出て 夜のうちに降った雪がキラキラ美しく見えます。
ドカッと降りさえしなければ美しいと思えるんだけどねぇ~

昨日 無事に採卵を終えてきました。麻酔が効きすぎて処置中
グワングワンと目が回り、おっそろしく気持ちが悪いひと時を
過ごしてきました 今日は2週間ぶりに通院から解放され
のんびり過ごさせてもらおうと思っています。
詳しい様子はそのうちアップすることにして、気分転換に旅行の様子を・・


カンボジア遺跡巡りの続きです
ベンメリア遺跡鑑賞の後は ツアーに付いていたお弁当ランチを頂き
バンテアイ・スレイ遺跡へやってきました。

アンコールワットから北へ20kmの位置にあり、人気の遺跡だと
聞いていたので混雑する事を覚悟しておりましたが
私たちが訪れたお昼前後の時間帯は空いていました。
画像 2342
アンコール期前半(990年頃)に建てられた古い寺院だが
保存状態がよく、美しいレリーフがたくさん詰まっています。
画像 2345
さぁ中へ入っていきましょう
画像 2346
続きを読む
 カンボジア旅行の続きです。

今回紹介する遺跡は この旅で一番楽しみにしていたベンメリア遺跡、
天空の城ラピュタのモデルとなったとも言われている遺跡。

場所はアンコールワットから東へ50km程の位置にあり
日本から現地ツアーに申し込んでおりました。
お世話になったのはスケッチトラベルの↓
ベンメリアとバンテアイスレイ遺跡をめぐる一日ツアー
朝八時に専用車がホテルに迎えに来てくれ、私たち夫婦とガイドさん、
ドライバーさんの4人で遺跡へ向かいました。

画像 2120
車で行くツアーを選択したのですが、最初トゥクトゥクで行く
少しお手頃なツアーでも楽しそうでいいかな~と迷ったのですが、
実際参加してみると・・・工事中の道路区間も多く、土埃舞う中の
ドライブだったので車で大正解でした。

画像 2143
チケット(5$)を買っていざ遺跡へ・・
画像 2160
ベンメリアはアンコール7大遺跡の一つに数えられる大型寺院で
アンコールワットとの類似点も多く、東のアンコールと呼ばれているそう。
続きを読む
 カンボジア旅行の続きです。

アンコールワットを後にし、勝利の門を通って「プレループ」へ向かいました
画像 2962

観光本には プレループが火葬の儀式の為のものだったと書かれていた
この日のガイドさんからもそうお聞きした・・・・

画像 2833

ここが火葬場で
画像 2835

ここが火葬した骨を洗う場所だったと・・・
画像 2834
でも、後日ガイドして下さった遺跡オタク
遺跡を研究し尽くしている方の話によると

どうやら 火を使った形跡がないことが分かっているのだとか。
だが実際のところは・・・
でも、はっきりしていることは この場所からの夕日が美しいという事です。

さて、夕日のプレループを・・・
続きを読む
カンボジア観光の続きです

タプローム見学のあとは 昼食を挟み、アンコールワットから200m程の
場所からアンコールバルーンに乗って 遺跡群を鑑賞です。
(こちらもツアーに付いていましたが、現地で乗ると15$)
画像 1760
あ、これ 出発前に紹介していたトイデジで撮りました。

普通のデジカメだとこんな感じ
画像 1982
続きを読む
 旅行記の続きがすっかり遅くなってしまいました。

現像した1000枚以上ある写真を先に整理してしまおうと
スクラップブックに貼っていましたが、やっと貼り終え見てもらえるように

順番がバラッバラで届いた写真を整理するため じっくりと向き合い、
改めて旅行に行った気分でした。説明を書き込む予定なので
完成にはまだかかりそうですが・・・ね。

さて、ブログの方もアップしていきますね~

初めての象乗り体験をした後は アンコール・トムの真ん中に位置する
バイヨン寺院を観光しました。
 この日のガイドさん、日本語の堪能なカンボジアの方だったのですが
ギャグやダジャレ満載で楽しませてくれました。参加者は若い方が多かった~
画像 1880

仏教の寺院なので やはり日本の狛犬とも似ていましたね。
 ・・シーサーぽい??
画像 1881

第一回廊の壁画を鑑賞
かつての戦いの行軍の様子が刻まれていました
画像 1888
続きを読む
観光の始まりは アンコールワットのサンライズから・・

AM5:15 ホテルロビーにガイドさんの迎えが来てくれ
他の参加者の方のホテルを巡り・・・入場券の購入(写真撮影)

AM6:05 アンコールワット到着まだあたりは真っ暗
画像 2718
持参したヘットライトをホテルに忘れた事を後悔・・・

AM6:12 
画像 1813


画像 1733
続きを読む
テーマ:カンボジア旅行 - ジャンル:旅行
 カンボジアへ向かう朝は 千歳に前泊しており
宿泊したホテルから空港への無料バスに乗車しました。

千歳の国際線の入口に到着したのは AM6:45
画像 1788
実はこの時 トイレを我慢していたので 一目散にトイレに
駆け込みたかったのですが、なんと国際線のドアオープンが
AM7:00 外からトイレは見えているのに・・・・
入れないもどかしさ・・・・

それ以前に激寒でした・・・・ト・・トイレ~~~!!(求)

(AM6:55にドアが開けられ、おもらしもすることなく
無事に空港入りすることができたことは報告しておきます。)

ちなみに、今回お世話になったホテルは当日予約で
一人2400円という格安のプランがあり、旅行中の車を
無料で預かってくださるサービスがありました。
(空港への無料送りバスも!)
★ホテル情報は下へ↓★
ホテルウィングインターナショナル
※一番安い『シングルに二段ベットの部屋』に宿泊しましたら
文字通りシングルルームに無理やり二段ベットを詰め込んだ
なかなか楽しいお部屋でした

(ピースボートのフェリー部屋を思い出しました)

無事に飛行機のチェックインを済ませ、日本を後にします
画像 1793
今回のカンボジアツアーを実現させてくれたのはSTW(エスティワールド)
瞬韓移動!!ラクラクソウル乗継♪世界遺産アンコールワットを堪能!!
    さらにアンコールバルーンで「気球体験」
     「トンレサップ湖」&自由時間付5日間

のツアーに+一日延泊の 6日間のツアーにしました。

あまり団体旅行は好きでないので、1日半の観光付きで
あとはフリーというのが決め手でした。
(実際、団体行動は1日だけでした
続きを読む
 4泊6日のカンボジア満喫の旅から戻りました。
画像 1732
出発前日は我が家の周辺が悪天候で急遽千歳に前泊した為
丸々一週間家を空けておりました。

空港から車を預かっていてくれるホテルに向かい、
「家の前に雪山ができているであろうから・・」とまっすぐ帰宅。

思った通り、家に近づくにつれ雪の量が増えていき・・
我が家の近隣の雪の量は こんも~り積まれていたので
覚悟して家に辿り着いたのですが、

なんとなんとっ、お向かいさんが除雪をしてくださっていて
サクッと雪かきするだけで車が入れられました。
本当にありがたい事です 助かりました。

今回の旅はかなり盛りだくさんな内容で 
カンボジアの色々な面を見ることができ満足していたのですが、
ひとつだけ心残りがありました。

初日に見たサンライズのアンコールワットがちょっとイメージと違ったので
幻想的なアンコールワットのサンライズも見てみたい!!!(´∀`)
と迎えた最終日の朝、
 
最終日にして 期待通りの朝日を拝めそうだったので
トゥクトゥクでアンコールワットへ向かおうと準備を始めた
まさにその時、

まさかまさかの 旦那殿腹下し・・・

そうこうしているうちに 太陽が上がり始めてしまったので
 アンコールワットに向かうのを諦めて

こんな荒業に出ました♪

アンコールワットのサンライズ風♪(笑)
画像 1736



これ、実はホテルの部屋の窓から撮影しました。




続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。